ゆる~く体操!お気軽健康法

スローライフを満喫している皆さま、こんにちは。
休日こそ制約なくスローライフが満喫できる時ですので、ぜひエンジョイしてください。
エンジョイしようという気持ちがあればあるほど、休日こそ早く目が覚めるものであります。
今朝は、朝一、新聞を読み、朝食をとり、朝風呂に入りました。
朝風呂!これぞ究極のスローライフのひとつだと思うのです。

朝風呂でゆったりくつろぐ

平日の喧騒とした日常から離れ、休日の朝、ゆったりと湯船につかり、しばし、瞑想する。
入浴剤の香りを楽しみ、まったりとした時間を過ごす。
心身共に汚れを落とし清潔になり、神聖な気分になる。
また、湯気のイオン効果を浴びて、きれいさっぱり。

さて、今朝の日経新聞の朝刊に気になる記事、ヒントとなる記事がありましたので、ご紹介します。

みんなで10分気軽に体操

要は、いつもよりちょっと多めに体を動かす。普段動かさない筋肉を大きく動かすのがポイント。
トレーニングのような大掛かりな負荷をかけるものではなく、気軽にできるストレッチングとか体操を行おうということです。
運動をしないと寿命が縮まる。運動をしていると高血圧、うつのリスクを軽減するのです。
神奈川県藤沢市と慶應義塾大学の共同で市民へ啓蒙し、考案したのが「プラス・テン体操」。
いつもより10分多く運動をしようという趣旨で名づけられたもの。

プラス・テン体操のストレッチンのグ例

スローライフを満喫するためには心身ともに健康であること、そして手間暇、お金をかけないというのがポイントではないでしょうか。
ストレッチング体操などで、普段から使わない筋肉を大きく動かし健全な肉体を築いていきましょう。


ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

おひとりさまブログ


カテゴリー: スローライフ, リフレッシュ | タグ: , , | コメントする

私のインデックス投資信託運用術

昨日、本ブログの記事「スローライフにピッタリな資産形成術」で紹介しましたインデックス投資信託の運用ですが、私は次の投資信託で運用しています。
ご参考までにご紹介します。

運用コストの安いおすすめのインデックス投資信託

私が、試行錯誤、いろいろ調べ、現在継続購入、積立投資しているインデックス投資信託は次の6つのファンドです。

1.三井住友TAM-SMT TOPIXインデックス・オープン
買付手数料:なし / 信託報酬 (税込):年 0.3996%

2.三井住友TAM-SMTグローバル株式インデックス・オープン
買付手数料:なし / 信託報酬 (税込):年 0.54%

3.三井住友TAM-SMTグローバル債券インデックス・オープン
買付手数料:なし / 信託報酬 (税込):年 0.54%

4.三菱UFJ-eMAXIS新興国株式インデックス
買付手数料:なし / 信託報酬 (税込):年 0.648%

5.三井住友TAM-SMT J-REITインデックス・オープン
買付手数料:なし / 信託報酬 (税込):年 0.432%

6.三井住友TAM-SMT グローバルREITインデックス・オープン
買付手数料:なし / 信託報酬 (税込):年 0.594%

★6つのファンドを購入するのが面倒という方には、次の投資信託もいいのではないでしょうか。
三井住友TAM-SBI資産設計オープン(資産成長型)(愛称:スゴ6)
買付手数料:なし / 信託報酬 (税込):年 0.7344%
このファンドは、1つのファンドで、国内および外国の「株式」「債券」「不動産(REIT)」の6資産にバランスよく分散投資を行い、インデックス指数に連動する投資信託です。

私のインデックスファンドの積立投資

私は、国内債券ファンドは上昇の見込みが薄いと思っていますので、それよりも外国の新興国株式のインデックスファンドを加えた6ファンドに分散投資しているのです。
国内債券の投信信託なら証券口座にあるMRFで十分かなと思っているのです。

何れもコストの安い、ノーロードファンドを多数扱っていて、積立投信もできるネット専属の証券会社を選んで、証券口座を開設して運用しています。

ネット専属証券会社は、SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券などいろいろあるので、購入したい投資信託を取扱っているところや、積立投信のシステム、コスト面などを比較検討して自分に合った証券会社を選択するのがいいでしょう。

ちなみに、私は上記4証券会社に口座を設けていて、何れのところでも個別の株式、株式投資信託を購入、運用したことがあります。

SBI証券の積立投信は、500円からでき、銀行口座からの自動引落しもできます。
まあ、月500円ではなかなか貯まらないので、数千円~数万円されるのでしょうが…
お気軽に気長に、日々の上下に一喜一憂することなく、継続的に毎月、長期運用していくのが積立投信のメリットを最大限享受できると思います。


ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

モッピー!お金がたまるポイントサイト





カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

スローライフにぴったりの資産形成術

スローライフを謳歌する人もお金の問題は深刻なもの。
かといってガツガツの節約術は性に合わないし、バリバリの投資・投機はできない。
スロライフワーカーにピッタリの資産形成は、インデックス投資だと思う。
インデックス投資について、明快に解説している下記の2冊の本を読むと妙に納得できる。

全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)

山崎 元 (著)/ 出版社: 朝日新聞出版; 全面改訂版 (2013/9/13)
ズバッと切り込むロングセラーお金のバイブル本です。
本書は、最初に結論がコンパクトに書かれていて、その後詳細の検証、解説が続くところもわかりやすくていい。
当座の生活に必要なお金は銀行の普通預金においておいて、残ったお金をリスク運用マネーとむリスク運用マネーに分けて運用するというもの。
リスク運用マネーはインデックス投資。
それも日本株と、海外株の2種類のインデックス投資だけとシンプル。
株式市場全体に投資するので、リスクが少なく、長期的に上昇するという。
インデックス投資は、運用コストが安くメリットが大きい。
NISA(少額投資非課税制度)、確定拠出年金を最大限に利用する術についても書かれている。

3000万円をつくる投資信託術サラリーマンのためのインデックス投資入門 (朝日新書)

竹川 美奈子(著) /出版社: 朝日新聞出版 (2010/4/13)
この本もわかりやすくていい、インデックス投資信託で積立投資していくということを力説。
理論的根拠やファンド選びのコツ、投資運用法について書かれている。
こちらの方が、前述の本よりも穏やかに広く語り、限定していない印象。

結論、上記2冊の本を読めば、インデックス投資の良さが理解できる。
インデックス投資信託を毎月積み立て購入することを長期的に継続して行っていくことで、資産形成をするのがBESTな選択だと思う。
まさにスローライフワーカーにピッタリな投資運用だと思う。
私もいろいろな資産形成、投資の本を読んできましたが、上記2冊の本が明快であり、おすすめの本です。

ご参考までに両者の対談(楽天証券のサイト)をご紹介します。
竹川美奈子と山崎元のインデックスファンドスペシャル対談


ライフスタイル(全般) ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

モッピー!お金がたまるポイントサイト






カテゴリー: スローライフ | 1件のコメント

何も持たない暮らし

モノ余りの時代。生活していると物はどんどん増えていきます。
モノに圧迫されて暮らしていると、心身穏やかにならず、ゆとりがなくなるものです。
所有しているモノの何割を使用しているでしょうか。
必要不可欠なモノはほとんどなく、いらないモノだらけなものです。

何もない部屋が心のゆとりを生む

部屋が狭い。モノがあふれて空間がない。
もっと広い家に住みたい。
と思っている人は多いでしょう。
でも、このままなら、モノはどんどん増えて、引っ越しても引っ越してもモノが溢れかえるのです。

何もない部屋が心のゆとりを生む

何もない部屋が心のゆとりを生む

 

先ず捨てることから始まる

先ず、モノを捨てましょう。
使っていないモノ、今後使うかもという日は来ないと割り切ってバンバン捨てましょう。
不要なモノがあなたの運気を落としているのです。
運気アップのために何もない部屋にする第一歩はごみ袋を用意して、捨てていくこと。
極論するとそれがないと生活できないという重要物はありません。
いざとなればコンビニ走ればいいと割り切りましょう。
収納する前に、使っていないモノを捨てていくのポイントです。
しまってもモノが溢れているのを隠すだけで何の解決にもならないからです。

捨てて、掃除して、スッキリ収納

いらないモノを捨てて、掃除して、必要なものだけコンパクトに収納する。
スッキリ、爽快。
いままでの溢れるものにどれだけ圧迫されていたかがよくわかります。
この爽快感と、部屋でゆったりくつろげるというのは、日常の喧騒から隔離された最高の憩いの空間なのです。
自分の部屋と本来そういう空間であるべきなのです。
そして気づきます
しまった!あれを捨ててしまったばっかりに。。。ということが起こらない。
モノを買うことが慎重になる、モノを増やしたくなくなる。
モノを捨ててから、本当に必要な最低限のモノを買うようになるのです。

おすすめの参考の本

Your ads will be inserted here by

Google Adsense.

Please go to the plugin admin page to set up your ad code.


カテゴリー: リフレッシュ | コメントする

部屋をリフレッシュする!「ブリザードフラワー」

部屋をリフレッシュしましょう。
部屋にいる時間は長いもの、快適に過ごしましょう。
花があると心華やぎ、心安らぎます。
生花が一番ですが、毎日水をやり替えたり、手間と5~7日ほどで枯れるので買い替えなければならないのが難点ですね。
造花はいまいちだし。。。
そんな人には、ブリザードフラワーがおすすめ♪

ブリザードフラワーとは

本物の生花を人体に無害な保存液で特殊加工したお花。
生花の風合いを保ちつつ、約2年くらい楽しめまるものです。
水遣りの必要もなく、手間がかからずに、生花の華やかさが保てます。
直射日光や、ほこりに気を付けないといけませんが、クリアケースやラッピングにカバーしたまま飾るのはちょっと華やかさに欠け風情がなくなると思います。
そのまま飾るのがいいと思います。

おすすめのブリザードフラワー

ブリザードフラワーを扱っているお店も多く、花の種類、色、アレンジも様々なものがあります。
ネットでみたのと実際届いたのをみたらかなり貧相であったりもします。
私は、黄色、オレンジ基調のビタミンカラーのバラのブリザードフラワーが欲しくて、散々探し回ってこれを買いました。
私のお気に入りのブリザードフラワーはこれです♪

豪勢なアレンジで程よい大きさ!

アテナ 7,700円
●花材 プリザーブドローズ,アジサイ,かすみ草,サンウィーバイン,フィビキア,アイビー,パールの飾り
●サイズ 直径:18cm,高さ:23cm
●容器は白い陶器

ブリザードフラワー アテナ

 

Your ads will be inserted here by

Google Adsense.

Please go to the plugin admin page to set up your ad code.


カテゴリー: リフレッシュ | コメントする

図書館に行こう~心安らぐ憩いの空間~

図書館に行ってみませんか。図書館は心安らぐ空間です。
都会暮らしの人ほど、図書館の建物の静寂な空間は憩いの場と感じるはずです。
ゆったりと本に囲まれたくつろぎの時間を過ごす、優雅なひと時なり、また、リフレッシュできます。

図書館は憩いの空間

学生の頃以来、図書館に行ったことがない方も多いのではないでしょうか。
学校の図書館は勉強の場だったのでしょう。
しかし、社会人になってからは、学校の図書館にはいけなし。。。
公共の図書館が、なかなかいいものなのです。
図書館に一歩踏み入れると、そこは全くの異空間。。。
し~んと静まりかえった建物内、暑くも寒くもない適度な気温、照明、天井も高く、ゆったりとしたレイアウトで、快適なのです。
喧騒とした外の世界と異なる、本に囲まれた空間は、なんとも落ち着く、心和む空間に感じられるのです。

図書館~1

意外と読みふけってしまう本・雑誌

図書館の落ち着いた、心地いい空間にいますと、自分でも驚くぐらい、本や雑誌を読みふけってしまうものです。
図書館の本や雑誌というと堅いものを想像してしまいますが、意外と気軽に読める軟派な本や雑誌も豊富に取り揃えられているのです。
新聞も全紙おいてあったりして、読み比べてみるのも、おつなものです。
喫茶店においてあるような気軽な雑誌が古い号から最新の号まであるのもいいです。
図書館の蔵書の豊富さには目を見張るものがあります。
そして、意外と人は少ないので、ゆったりできます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お気に入りの図書館の選び方

インターネットで、地域の図書館を検索してみましょう。
公共の図書館は意外と多いものです。
市町村の旗艦となる本館が一番大きな建物で広く、取り揃えている本や雑誌の種類も蔵書も豊富です。
規模も大きく、当たり外れはなく、図書館の魅力を一番感じられます。
その下の地域図書館や出張所は規模も蔵書もまちまちですので、事前に調べてから行かれる方がいいと思います。
でも意外と穴場で人が少ない利点がありますので、お気に入りの本や雑誌、環境であれば、お気に入りの図書館になるかもしれません。

(例)
大阪市立図書館 ホームページ
中央図書館から各区毎にも図書館があります。

日本図書館協会
日本の図書館(公立・私立・国立など)のホームページをリンクしています。

Your ads will be inserted here by

Google Adsense.

Please go to the plugin admin page to set up your ad code.


カテゴリー: リフレッシュ | コメントする

自然を満喫するのがスローライフの醍醐味!

スローライフの醍醐味は、自然を満喫することです。
緑の多い自然の環境は、人の心も豊かに、優雅にしてくれます。
緑のイオンパワーを一杯吸い込んでリフレッシュしましょう。

自然に繰り出そう

自然の環境は、田舎暮らしや地方への遠出に限るものではありません。
都会に住んでいたって、ちょっと足を延ばせば、身近に自然の環境を満喫できます。
近所の小さな公園でもいいのです。
また、身近なところに公共の大きな公園もあるものです。
そして、ちょっと足を延ばせば、山間の自然を満喫できる場所もあります。
緑の木々、草花をじっくり鑑賞してみてください。
インターネットで「自然+地域名」や「公園+地域名」で検索すると探せます。
(例)
大阪の人気の公園・散策・自然体験ランキング情報
一般財団法人大阪府公園協会|大阪府営公園ガイド ~行こうよ!花とみどりのオアシスへ~

緑の多い自然の風景写真

今の環境下で自宅で自然を満喫する

何も外に出るだけではありません。
自宅の庭やベランダでガーデニングでもいいのです。
もっと気軽におすすめなのが、家の中に観葉植物を置くことや
生花を花瓶に挿して飾ることです。
家の中では心安らかに過ごしたいものです。
でも、いつもと同じ殺風景?または雑多な生活感?を払拭するには、緑の自然を取り入れることです。
観葉植物もいいのですが、私のおすすめは生花。

hana

1週間に1回、花やさんに立寄って、生花を買います。
毎週色とりどりの違う花を買って楽しみます♪
300円~500円くらいのお花のセットで充分なのです。
朝起きたら、花瓶の水を取り替えるという習慣も、今までにないリズムを醸し出すいいものです。
花があると部屋が華やぎ、心もウキウキしてくるから不思議です。
花はきれいだし、香りも楽しめて、とても優雅にしてくれます。
花の命は短いものの、水だけで生きる自然の生命力と花のつぼみが大きく開いた時の感動を味わってみてください。

スローライフとは自発的に導くもの

スローライフ=田舎暮らしとは限りません。
今の都会暮らしであっても、自発的に優雅な心穏やかな環境を自ら作り出すことができるのです。
スローライフとは自分主体で自発的に導くことで実現できます。
今の現状と違う一歩を踏み出し、心を落ち着かせて優雅なひと時を過ごしましょう。

Your ads will be inserted here by

Google Adsense.

Please go to the plugin admin page to set up your ad code.


カテゴリー: スローライフ, リフレッシュ | コメントする

普通の人が無理のないスローライフを送る術

スローライフというと優雅な悠々自適の生活を思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。
でも、当ブログで取り上げるスローライフは、普通の人が自由気ままに生きる術について語ります。
普通の人が無理のないスローライフを送るにはというのがテーマなのです。

今の現状から一歩踏み出してみる

喧騒とした現状から脱皮するには、大きな変革だけが全てではありません。
ちょっとしたことから変えていくだけで、ずいぶん変わるものです。
大きなことをしなければいけないと考えるから、敷居が高く、いつまでも踏み出せず、現状維持の毎日が続くのです。
ちょっとした非日常への変革を続けていくことで、大きく変わっていくものです。
小さなことからコツコツと積み重ねていく、楽しんで行うことが成功の秘訣なのです。
これは、何でもそうですよね。

幸せのしきい値を低くして、心の持ち方を変える!

幸せのしきい値が高いとなかなか実現が困難で、ストレスがたまり、結局、断念してしまいがちです。
先ず、小さなことでも喜び、感動、感謝し、幸せを感じましょう。
生まれたての子供になったように、固定観念を外して、あらゆることをありのまま見つめます。
きれいな花、対応のいい店員、いいものを見つけた、など日常の中で何の感情もなく、ただやり過ごしていたことも、その事案だけを注視すれば感じ方が変わってきます。
感動や、感謝を口に出していると、実感も湧いてきて、好循環になってくるものです。

お金がなければできないということはない

お金がなくとも環境を変えたり、行動を変えたりすることはできます。
掃除をして部屋をきれいさっぱりする。
部屋の物の配置だけを変えて、見た目と機能性を変える。
図書館、公園などの無料の公共の場へ行く。
など、お金がないとできないという、できない理由を考えるのはなく、どうすればできるかの思考で考え、先ず行動する習慣が大切です。

一人の時間を楽しむ

一人で淋しい、つまらないとふさぎ込んでしまっては負の連鎖が生じてしまいます。
一人の時間を大切にして、一人で楽しむんのだという心意気が大事です。
一人で一人気ままに楽しみ、感動する。
そのツールは何でもありです。
本、テレビ、映画、植物、ウォーキング、ランニング、ヨガ、散歩、瞑想。。。

自由気ままにスローライフのまとめ

結局、自由気ままにスローライフというのは何の制限をかけることなく、自分の思いのままエンジョイすることなのです。
気軽に、できる方法を考えて、少しずつ楽しみながら行う生活が、ストレスのない充実したものになるのです。

 

Your ads will be inserted here by

Google Adsense.

Please go to the plugin admin page to set up your ad code.


カテゴリー: 未分類 | コメントする

スローライフを考える!サバイバル生活気分を味わう

スローライフの骨頂は、喧騒とした現実からの乖離することではないでしょうか。

あなたの目は生き生きとしていますか。

毎日が楽しく、朝起きるのがうれしいですか。

生きるために歯車の生活を強いられ、仕事だけの生活になっていませんか。

リセットして、今一度、自分の人生を考え直してみる価値はあると思います。

スローライフで生きていければいいけど、現実はという固定観念を先ず脇に置いておいて。

自分の人生、どう幸せに過ごすか。

幸せに過ごすのに、過分のお金はいらない、最低限のお金だけで心豊かに過ごすのがスローライフの要です。

そんな気分を少し、この映画で味わってみてはいかがでしょうか。

映画「ぱいかじ南海作戦」

南の果ての小さな島。 そこは、不幸のどん底にいた男がたどり着いた場所。  終点の先のそのまた先で、彼が見つけた新しい人生とは?

「ぱいかじ南海作戦」予告(動画)

出演: 阿部サダヲ、永山絢斗、貫地谷しほり、佐々木希、ピエール瀧

監督: 細川徹

DVD発売日: 2013/01/23、時間: 115 分

この映画はなかなかおもしろいです。

失業して、離婚した男が1人(阿部サダヲ)で南の島にやってくる。

悲壮感はなく、どこか明るい。

その島で、暮らすホームレスの4人に最初は戸惑いながらも、意気投合し、楽しい海辺でのサバイバル生活を過ごす。

底抜けに明るい5人のサバイバル生活は見ていておもしろく、楽しい。

しかし、4人は姿を消し、1人ボッチになってしまった。

そんな時に、若い男1人(永山絢斗)がやってきて、2人で共同生活を始める。

そして若い女性2人(貫地谷しほり、佐々木希)がやってきて、4人で奇妙なサバイバル生活が始まる。

底抜けに明るい4人が織りなすサバイバル生活が楽しそうで、開放感があって、羨ましくなる。

現実の葛藤から逃避した気分を味わうのに最適な映画です。

◆解説「ぱいかじ南海作戦」公式サイトより)

全てを失い、南の島へと旅立つ男・佐々木を演じるのは舞台・映画・ドラマなど多方面で快進撃が続く阿部サダヲ。

佐々木と海浜生活を共にするオッコチには幅広い年齢層にファン急増中の永山絢斗、そんな男二人となぜか一緒にサバイバル生活を送ることになるアパとキミには、映画・ドラマ・CMに引っ張りだこの貫地谷しほり、佐々木希という今をときめく女優がキャスティングされた。
また、椎名誠の傑作小説を映画化するにあたり、監督に抜擢されたのは、本作が映画監督デビューとなる新星・細川徹。

コントユニット“男子はだまってなさいよ!”の主宰をつとめ、2000年代のシティボーイズ・ライブで作・演出を担当、最近では人気アニメ「しろくまカフェ」のシリーズ構成を務めるなど人気を博してきた若手実力派が、自らの脚色で本作に息を吹き込む。

◆ストーリー「ぱいかじ南海作戦」公式サイトより)

“全て”がなくなったと思っていた。 でも、そんなのは“全て”じゃなかった。

リストラと離婚が同時にやってきた佐々木は、唐突に気分転換をと思い立ち、南の果てまで来てしまった。島に着いたその日に4人組のキャンプ生活者と出会い、一瞬にして「ここはパラダイスだ!」と有頂天に。悩みを打ち明け、癒され、飲み交わすビールは人生最高の味だった。
しかし酒盛りに酔い潰れた翌日、佐々木の持ち物の一切合財と共に4人組は忽然と姿を消してしまう。
いよいよ全てを失い、途方に暮れる佐々木のもとに、都会生活に疲れて島を訪れた若者オッコチ、そして関西娘2人組のアパとキミが加わって、4人の奇妙な海浜生活がスタート。次第に結束は固まっていく。
そんなある日、出先で4人組のホームレスの噂を耳にした佐々木は全財産を取り返すべく、リベンジを決意する。
起死回生の賭け、佐々木の“ぱいかじ南海作戦”の始まりだった…。

 

 

Your ads will be inserted here by

Google Adsense.

Please go to the plugin admin page to set up your ad code.


カテゴリー: スローライフ | コメントする

ポジティブなことばで自分に言い聞かせる

自分にポジティブなことばで言い聞かせる。
脳は単純、ことばどおりに受け入れてしまうのです。
ネガティブなことばを言うと脳にマイナスイメージが蓄積されていき、悪循環に陥り、自分を苦しめることになります。

ありのままの自分を受け入れて愛す

先ず、ありのままの自分を認めて、褒めてあげます。
自己愛があってこそ、ポジティブになれるし、他人にも尽くせるのです。
自分で自分のことを責めるのはご法度です。自分が一番の味方なのです。

fun

感謝の毎日

感謝のことばはプラスに働くことばです。
「ありがとう」をどんどん口に出して発するのです。
周りの人のおかげ、自分は支えられている感謝のことばを発するのです。
感謝の心を常にもっていると、ちょっとしたことでも幸せを感じ、プラスの好循環をもたらします。

ネガティブなことは、ポジティブなことばに置き換える

例え失敗して落ち込んだとしても、すぐに、ポジティブなことばに置き換えて、前向きに進みます。
いい経験をした。これは成長するために通らなければならないステップだと言い聞かせます。
落ち込んでいる人を労わる、慰めるときのように、自分で自分に言い聞かせます。
過去を振り返っても、ますます負の連鎖に陥るだけです。
反省や迷惑をかけた人へのお詫びは必要ですが、自分が自分の味方になってあげることが重要です。

感動する習慣

ちょっとしたことでも感動するようにしましょう。
わあ、嬉しい、楽しい、幸せ、すごい、きれい、かわいい、などプラス思考のことばを発します。
ことばを発することで気持ちもそのことばどおりに高揚してきます。
そして、それが習慣になっていき、ストレスのない、幸せな日々を送れるようになるから不思議です。
思考、ことばありきなのです。
自分の周りにそのような人がいるはずです。
イメージできなければ、その身近な人になりきってみるといいです。

関連書籍の紹介

これらに関連する参考になるおすすめの本をご紹介します。
目からうろこ、大きなヒントになり、より良き人生へと導いてくれると思います。
  

Your ads will be inserted here by

Google Adsense.

Please go to the plugin admin page to set up your ad code.


カテゴリー: 未分類 | コメントする